こんにちは

げんです

 

みなさんは麻雀プロと言ったらどんなプロが頭に浮かびますか?

ミスター麻雀 小島武夫プロ

順子マスター 新津潔プロ

対子王子 土田浩翔プロ

パッと言われて思い浮かぶのがお三方ではないでしょうか?

スポンサードリンク

しかし日本のプロ雀士という言葉を広げた第一人者は他にいます。

それがタイトルにも名前をあげた、

古川凱章(ふるかわがいしょう)以下敬称略

です。

古川凱章

1938年1月17日-2016年1月1日は、

競技麻雀の元プロ雀士で101競技連盟の創設者です。

101競技連盟ホームページ

http://www.101fed.com/

トッププロとして長年に渡り活躍しましたが、2016年1月1日逝去。

神奈川県横浜市出身。早稲田大学卒業。

 

日本におけるプロ雀士のパイオニアとしてその名を広めました。

プロ雀士になる前は小学館に勤めていたが麻雀に没頭し2年で退社。

その後雀ゴロ生活を送っていたそうです。

1970年に阿佐田哲也、小島武夫と共に

「麻雀新撰組」

を結成。

阿佐田から

新しい麻雀集団を作る

と声を掛けられた小島は、真っ先に古川を候補にあげたという。

当時すでに日本プロ麻雀連盟に所属しており、

アマチュアタイトルのチャンピオンだった古川は2つ返事で小島の誘いに乗った。

以後1974年に麻雀新撰組が解散するまで、阿佐田、小島、古川は行動を共にすることになる。

1982年に101競技連盟の前身となる

「順位戦101」

を主宰。

1985年から一時、近代麻雀の編集長を務めた。

1987年に101競技連盟を発足。

点数ではなく順位による評価法は、競技麻雀において新たな一面を開いた。

現役時代は、

「体勢論」

という流れを重視した打ち筋で一般の打ち手はもちろんの事、プロ雀士にも大きな影響を与えた。

大勢論では、

マンガンを振り込むと次局は手が落ちると考えていたらしい。

この理論は古久根英孝が、

「牌流定石」

で受け継継がれている。

 

現代では圧倒的なデータ量で統計が取れるためデジタル的な打ち方が流行っているが、

当時はデジタルという言葉が存在しない。

そのため流れや状態といった思考が強かったと思われる。

今ではこれをオカルトというが、オカルトという言葉で片付けていいのかは疑問に思うところである。