こんにちわ

げんです

 

まだフリー雀荘をデビューしてない方へ

本記事ではフリー雀荘のシステムを説明した後に、

フリー雀荘にデビューするための心構えなどを書いていきます。

フリー雀荘デビューを考えてる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

フリー雀荘とは

一人からでも安心して麻雀が打てる環境を用意してる場所です。

もちろんヤクザなどの暴力団関係者はいません。

お客さんが4人集まってなくても従業員が代わりに卓に入り麻雀をします。

なので、いつ何時でも麻雀が打てます。

普段は4人が集まらないと出来ない麻雀ですが、1人でも好きな時に打て好きな時にやめれます。

ここがフリー雀荘の一番の良いところだと個人的に思います。

地方によってはお客さんがおらず、すぐに麻雀を打てないこともチラホラ。

フリー雀荘には場代というものがあります。

 

この場代は半荘単位でお店側が集めるシステムになっており、

これは5分で終了しようと1時間かかって終了しようとお店に払う場代は変わりません。

 

 

さていよいよフリー雀荘への一歩を踏み出しましょう。

入店したらまずはカウンターに案内されます。

その際におしぼりを渡されドリンクを聞かれます。

ドリンクはフリードリンクで提供されてる事が多いので好きなだけ飲んでください。

 

そしていよいよ麻雀!

とはなりません。

麻雀を始める前に「ルール説明」というものがあります。

 

このルール説明ではハウスルールとマナーに関しての説明が主になってます。

ハウスルールとは

そのお店のレートや場代、決まり事に関しての説明です。

 

ここでメンバーからのアドバイス!!

 

ルール説明をされてる時には相槌をすることをオススメします。

ルール説明してる時に相槌がないと本当に理解してるのかメンバーは不安になることが多いです。

そのためなるべく相槌をすると、メンバーは安心して説明を進めることができます。

 

そしてわからないことがあったらなんでも質問してください。

ルール説明自体はスラスラ進んでいきます。

実際に僕はフリー雀荘デビューした時に緊張し過ぎてルール説明なんかまったく頭に入ってきませんでした。

普段やってる仲間内での麻雀とフリー麻雀は違うことだらけです。

そのため普段やってるルールと違ったら質問するのもありだと思います。

 

個人的に何が一番違うかと言うと、

「祝儀」の存在になると思います。

祝儀とは

赤牌、リーチ1発、裏ドラ、役満に付く懸賞金になります。

この懸賞金がいわゆる「祝儀」になります。

レートにより祝儀の額は変わり、

おもに100G〜500Gとなっていて、

役満では1000G〜5000Gになります。

この祝儀は「チップ」とも表現されています。

 

仮に「リーチ1発赤赤裏」のマンガンを和了った時には、

1発赤赤裏なので4枚のチップをもらえます。

チップ1枚が500Gだと2000Gってことになります。

チップが10枚くらいもらえた時には脳汁ドバドバですwww

 

さてルール説明も終わりいよいよ麻雀です。

卓について最初にミスをしてしまうのが、

「サイドテーブル」です。

サイドテーブルは必ず左側を使います。

そして卓に着いたら軽く挨拶をしましょう。

 

初めてなんでお願いします

点数計算苦手なんでよろしくお願いします

なんかは第一印象がいいと思います。

 

今後お店に通うとなると人当たり良く物腰が低い方が好かれると思います。

麻雀するならピリピリしてる雰囲気より、ワイワイ楽しくやりたいです。個人的な主観になってしまいますが。

対局中はメンバーに何回か注意せれることがあるかもしれません。

ですが注意されても素直に聞き入れ、注意されたことはその日に直せるように心掛けましょう。

特に注意されるのが

・牌山を前に出す

・リンシャン牌を降ろす

になります。

これはどこの雀荘でも当たり前のマナーになります。

 

 

対局中にトイレや仕事の電話が掛かってきたらどうしますか?

そうです。

代走を頼んでください。

メンバーに「代走」と言えばその間は代わりに麻雀を打ってくれます。

 

じゃそろそろ疲れたし終わろう

と思い、いきなり席を立ってやめるのはNGです。

大半の雀荘のルール説明でも言われると思いますが、

やめる前には「ラス半」コールをしましょう。

ラス半とは

ラスト半荘の略になります。

ラス半コールのベストは半荘が始まる前です。

 

終わって席を立つときにも挨拶はします。

ありがとうごさいました

お疲れ様でした。

など笑顔で挨拶する方が印象がいいと思います。

仮に負けてたとしてもふて腐れて帰るのはNGです。

怒りをぶちまけるのは家に帰ってから

 

 

お付き合いありがとうございました。

どうでしょう?

フリー雀荘のイメージはだいたいわかっていただけましたか?

一回目の入店前は死ぬほど緊張すると思いますが、いざ麻雀となると緊張はほぐれます。

楽しい麻雀ライフにするためにも、

負けてても態度に出さないように心掛けながら楽しく麻雀をしましょう。