こんにちわ、玄です

 

2年くらい前からフリー雀荘にあまり行かなくなったんですが、

ここ最近、フリー雀荘を新規開拓していこうと思いインターネットでフリー雀荘の情報を調べていました。

そしたら新しいお店が次々オープンしていることに気づき驚きです。

でも新しいお店がオープンしているということは、それだけ閉店しているお店も多いのかなと思います。

ラーメン屋さんでは、年間で3000店舗が出店していますが、同数程度の店舗が退場しているそうです。

雀荘も年間で3000店舗には届かないまでも、競争率は高いと推測できます。

どんどん更新されていくフリー雀荘の情報を、今回は地域を都内に絞り紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

都内おすすめ雀荘・チェーン店編

・さかえグループ

(スリーファイブ・E-jong)

・マーチャオ

・さんグループ

(RIO・CABO・BULL)

・ウェルカム

・ZOO

・まぁじゃんMAP

 

 

以上が都内のチェーン展開しているお店になります。

この記事を書く前にチェーン店の定義を調べたところ、11店舗以上の直営店がある場合と書いてましたので、

それに該当すると思われる雀荘を紹介させていただきました。

 

チェーン店の詳細

・さかえグループ

全国各地にチェーン展開しており、各地に出張や旅行に行った時にはもってこいの雀荘だと思います。

接客やサービスも充実しているので安心して楽しく遊ぶことができます。

さかえグループには特殊ルールが存在します。それが赤⑤です。

赤⑤は特殊役扱いとなり、役が無くとも赤⑤が手牌にあるだけでアガれるようになります。

なので役が無さそうな仕掛けに対して、③-⑥や④-⑦はケアしなければなりません。

もちろん先に赤⑤ターツが完成している場合もあるので一概には言えませんが。

他にも1本場1500点となっているので、本場が積まれている時には要注意です。

これは余談になりますが、

5本場まで進んだ時に3900点を子に打ち、ピンピンヨン(11400点)と申告されたのを覚えています。

3900がハネマンクラスに化けるなんて普通ありえませんよね。

打ち込んだ時には、えっなんで?ってなりながら点棒を払った記憶があります笑

 

・マーチャオ

東日本から西日本まで展開されており、レートは「0.5「1.0」の2つのレートで遊ぶことができます。

チェーン展開されていることもあり、接客態度などの社内教育に好感を持てる印象があります。

男性プロや女流プロの在籍も多く、同卓した際にはレベルの高い麻雀が打てると思います。

レートに比べると、ゲーム代が相場よりも安くなっていることもオススメしたいポイントです。

1.0のレートではウマが10-30に対してゲーム代が500円になっています。

祝儀も500Gで鳴き祝儀になっていることから、安めの設定のゲーム代なのではないかと思います。

これは僕個人の意見ですが、先ほど挙げたチェーン店の中で、お客さんの麻雀レベルが一番高いのがマーチャオなのでないかと思っています。

 

・さんグループ

さんグループも大手チェーン店の1つになりますが、全国各地に店舗があるわけではなく大都市を中心に店舗展開されています。

数年前のある事件をきっかけに「麻雀さん」から「麻雀RIO」「麻雀BULL」「麻雀CABO」の3つに分かれたため、最近では、「さんグループ」と呼ばれるようになっています。

フリー麻雀の多くのお店は、各5に赤が入っていますが、

さんグループでは赤が5ではなく、に2枚入っているのが特徴です。

鳴き祝儀が主体となってきている現代ですが、さんグループではメンゼン祝儀になっているので、じっくり腰を据えた麻雀を楽しむことができると思います。

そしてさんグループ独自のルールがあり、ゲーム進行中にアンカンをした場合に、同卓者より祝儀を500Gオールもらうことができます。

このルールはさんグループを攻略していく上で、重要ポイントの一つになりそうです。

これらのルールのため、お客さんの年齢層は少し高めの印象があります。

ゆっくり落ち着いた麻雀を打ちたい方に、さんグループをオススメしたいと思います。

 

・ウェルカム

都内を中心に店舗展開されており、低レートでなおかつ2レートシステムを採用しています。

そのため老若男女問わず、お客さんの層は広い印象があります。

メンバーの方は若い人が多く、店内は賑やかな雰囲気で営業されていることもウェルカムの特徴です。

特殊ルールなどは特になく、まだフリー麻雀に慣れていない方などの登竜門といったイメージです。

 

・ZOO

ウェルカムと営業形態は似ており、都内を中心に店舗展開しています。低レート及び2レートシステムになっています。

フリー麻雀もそうですが、特にセットで利用する若者・学生が多く見受けられる印象となっています。

そのため店内はすごく活気があり、神経質な方の中には「少しうるさい」と思われる方もいるかもしれません。

フリー・セット共に場代が安くなっているのが特徴で、学生などの若い人が多い一番の理由がここにあると思います。

 

・まぁじゃんMAP

都内中心の店舗展開。特に学生街に多く見受けられる印象です。

その理由の一つとして、フリー・セット共に学割があるからだと思います。

やはり学割は学生にとって強い味方です。

接客やサービスも充実しているので、安心安全かつ長く遊べるのではないかと思います。

特にうれしいのが食事のサービス。なんとカレーライスが無料で頂けちゃいます。

長くやる上で必ずお腹が空くので、これはとてもうれしいサービスですね。

僕自身、まだMAPに遊びに行ったことがないので是非行きたいです。そしてブログに雀荘レポートなんかをかけたらと思っています。もちろんカレーライスの感想も忘れません!!

 

以上がチェーン店・攻略編でしたが、どうでしたか?

読者さんの参考にはなったでしょうか?

わからないことや聞きたいことがあれば返信させていただきますので、コメントや意見、どしどしお持ちしております。