こんにちは

げんです。

 

麻雀が好きな方は1度は考えた事があると思います。

麻雀だけで食っていけるのか?と

 

日本には麻雀1筋でお金を稼いでいる人はゴロゴロといるはずです。

しかしそれは、

マンション麻雀や暴力団の絡んでる超高レート麻雀が大半です。

今回取り上げるのはそういった高レートの麻雀は除外し、

インターネットや麻雀雑誌に載っている、

一般的なフリー雀荘で生活できるだけのお金を稼いでいけるのかを書いていきます。

スポンサードリンク

 

フリー雀荘の様々なレート

僕が知っている主なフリー雀荘のレートを紹介していきたいと思います。

東南 点0.3-300-600 祝儀50G

ゲーム代250〜300G

東南 点0.5-500-1000 祝儀100G

ゲーム代350〜400G

東南 点0.5-1000-2000 祝儀200G

ゲーム代400〜500G

東南 点1.0-1000-2000 祝儀500G

ゲーム代500〜600G

東南 点1.0-1000-3000 祝儀500G

ゲーム代500〜600G

条件東南 点1.0-1000-3000 祝儀500G+1000G

ゲーム代500〜600G

条件東南 点1.0-2000-4000 祝儀500G+1000G

ゲーム代600G

条件東南点1.0-2000-5000祝儀1000G+2000G

ゲーム代600G

 

主にこのような感じになってます。

上にあげたレートを見て、

何かお気づきになられたことはありますか?

 

それは何かというと、

レートに対するゲーム代比率と祝儀比率です。

あまり耳にしたことのないワードと思いますが、

 

ゲーム代比率とは

純利益に対するゲーム代の占める割合です。

 

祝儀比率とは、

祝儀を点棒に換算した時の数値です。

 

今回は一般的なフリー雀荘のルールで、

純利益とゲーム代比率の説明をしていきたいと思います。

 

例題

東南 点0.3-300-600 ゲーム代300G

トップ45000点

2着30000点

3着15000点

4着10000点

このような点数でゲームを終えた場合

4着は

(-20000点=1000点30G換算すると-600G)+(ウマ-600G)+(ゲーム代-300G)で、

トータルすると-1500Gの計算になります。

上のように3着を計算すると

-1050Gになります。

2着は点数±0.ウマ+300G.ゲーム代-300G

になりますので、

2着=±0です。

トップは4着3着のマイナス分が手元に入ってくるので、

1500G+1050G=2550G

がトップの収入になります。

しかしこの2550Gというのは、

2着〜4着のゲーム代が含まれた収入になるので、

ここからゲーム代を自分の分も含め4人分まとめて払わなければなりません。

ゲーム代300G×4で1200Gをお店に払います。

そのため2550G-1200G=1350G

これが最終的なトップの純利益となります。

 

それでは次に

東南 点1.0-1000-3000 ゲーム代600G

これを例にあげていきます。

トップ45000点

2着30000点

3着15000点

4着10000点

計算する方法は先ほどと一緒で、換算するGだけ換えます。

4着 (-20000点=2000G)+(ウマ-3000G)+(ゲーム代-600G)=5600Gの支払い

3着 (-15000点=-1500G)+(ウマ-1000G)+(ゲーム代-600G)=3100Gの支払い

2着 (±0点=0G)+(ウマ+1000G)+(ゲーム代-600G)=400Gの受け取り

これら全ての支出を計算すると、

5600G+3100G=8700G

これから2着に400円払うので

8700G-400G=8300G

8300Gから4人分のゲーム代を払うと

600G×4=2400Gなので

8300円-2400円=5900円

これがトップの純利益となります。

 

次に最もレートの高い

東風 点1.0-2000-5000 ゲーム代600G

これを例にします。

トップ 45000点

2着 30000点

3着 15000点

4着 10000点

4着=(-2000)+(-5000)+(-600)=-7600G

3着=(-1500)+(-2000)+(-600)=-4100G

2着=(±0)+(+2000)+(-600)=+1400G

トップ=(+7600)+(+4100)+(-1400)=10300G

10300Gからゲーム代の2400G引くので、

トップは7900Gの純利益となります。

 

各レートの純利益を先ほどの条件でまとめると

東南 点0.3-300-600 ゲーム代300G

純利益=1350G

東南 点1.0-1000-3000 ゲーム代600G

純利益=5900G

条件東南 点1.0-2000-5000 ゲーム代600G

純利益=7900G

このようになります。

 

それではここから本題の、

ゲーム代比率を計算していきます。

 

ゲーム代比率の計算方法は、

ゲーム代÷純利益×100=ゲーム代比率

になります。

 

東南 点0.3-300-600 ゲーム代300G

純利益1350Gなので

300G÷1350G×100=約22%

この22%という値が、

純利益に対するゲーム代比率になります。

 

東南 点1.0-1000-3000 ゲーム代600G

純利益5900Gの場合

600G÷5900G×100=約10%

 

条件東南 点1.0-2000-5000 ゲーム代600G

純利益7900Gの場合

600G÷7900G×100=約8%

 

このようにレートが高くなるほどに、

ゲーム代比率は下がるのがわかると思います。

ゲーム代比率が下がるという事は、

自分の手元に残る純利益の割合が高くなります。

それに加え条件東南戦が最も高いレートになっている事から、

通常の東南戦よりも短い時間の間に効率よく純利益を得ることができます。

 

結果

フリー雀荘では条件東南戦の高レートが最もお金を稼ぎやすくなってます。

 

もちろんこれは一つの例であり、

個人の雀力も大きく関わってきますので一概には言えません。

もし麻雀1筋で生活していきたい方は、

条件東南戦をオススメします。