こんにちは

げんです

 

本記事ではどういったフリー雀荘を選べば、麻雀だけで稼いで生活ができるのか書いていきます。
前回までは、

ゲーム代比率と祝儀比率についてお話ししました。

ゲーム代比率とは

純利益に対するゲーム代が占める割合です。

祝儀比率とは

祝儀を点棒に換算した時の数値です。

スポンサードリンク

お店選びのポイント

ゲーム代比率が10%前後かどうかという事です。

ゲーム代比率が高いとそれだけ純利益が少なくなるので、ゲーム代比率の低いお店選びが重要になります。

 

東南戦でゲーム代比率10%、

条件付き東南戦でゲーム代比率10%、

どちらのお店を選びますか?

答えはもちろん条件付き東南戦です。

時間効率が圧倒的に違います。

 

東南戦も条件付き東南戦も1半荘の純利益が6000Gとして

1戦するのにかかる時間が、

東南戦が平均30〜40分と言われるのに対し、

条件付き東南戦では15分程度です。

圧倒的に条件付き東南戦が、精算するまでの効率が早いのがわかると思います。

 

祝儀比率もしかりで、

東南戦では祝儀比率5000点相当のお店が多いのに対し、

条件付き東南戦は祝儀比率10000点〜20000点相当が多くなってます。

2〜4倍違うという事はそれだけ早く、より高いお金が動く事がわかります。

 

 

ここまでの結論

東南戦より条件付き東南戦を選ぶべし!!

 

 

それでは次に、

ゲーム代比率、祝儀比率以外にも重要な事があるので書いていきます。

 

フリー麻雀には「トップ賞」というものが存在します。

トップ賞ってなに?

って方もいると思いますので簡単に説明します。

トップ賞とは

トップの方がゲーム代の他にお店に決められた金額を出すことです。

例えば、

ゲーム代600Gトップ賞200Gのお店の場合、

トップにゲーム代が集まり、

600G×4=2400G+トップ賞200Gで2600Gを払う事になります。

 

お店側はトップ賞を、ただもらってるわけではありません。

イベント事をやりトップ賞を現金還元しています。

 

例えば

5勝戦というイベントがあります。

このイベントでは、お店がオープンしてから1番先に5回トップを取った人に20000Gキャッシュバック。

というイベントです。

20000Gのキャッシュバックはかなり熱いイベントだと思います。

イベントの例をあげるとキリがないので1つの例しかあげませんが、

このような感じでトップ賞はお客さんのもとに現金やゲーム券などで還元しています。

 

お店選びには、

このイベントで貰える懸賞金も大事になります。

懸賞金を確実に貰えるお店も存在しますので、そういうイベントで懸賞金を稼ぎ、

なおかつ純利益を多く見込めるお店を選ぶことにより、

フリー雀荘でお金を稼ぐことはできると、個人的には考えています。

 

 

まとめ

・ゲーム代比率は10%前後

・東南戦より条件付き東南戦

・イベント等で懸賞金を多く貰えるお店

 

この3つの条件さえ揃っていれば、

フリー雀荘だけでお金を稼ぎ生活していく事は不可能ではないと思います。

ただ個人の雀力が1番のポイントになることは間違いありません。

 

 

ここまで書いてきた事はすべて独断と偏見によるものです。

これから麻雀で稼いでいきたいと思ってる方の参考程度になればと思っています。

 

 

それではまた