こんにちわ、玄です。

 

麻雀を本格的に始めて4年。麻雀プロになって4ヶ月。ネット麻雀経験なし。

そんな僕が、今話題の「天鳳」で鳳凰卓を目指します。

 

以前、フリー雀荘のレベルと天鳳のレベルがどれくらいなのか、ネットの情報を元に独断と偏見で記事を書きました。

こちら

夏から雀荘の仕事をやめ、本格的にネットビジネスをやることになっています。そのためリアル麻雀に関わる時間が減ります。

そこで今回の天鳳を思いつきました。

 

ネット麻雀ならどこでもできる。そして少しでも空いた時間があればプレイできる。

ネット麻雀ってどこでも好きなときにできてかなり便利ですよね。

しかし対人ゲームである麻雀を、パソコンの画面を見て、顔も見えない相手とやって楽しいのか?

そんな事を思ったりもします。

 

そのため今まではネット麻雀を避けてきました。

しかし雀荘の仕事をやめ、リアル麻雀の回数が減る、そんな機会だからこそ今回ネット麻雀に挑戦してみようと思いました。

ネット麻雀未経験な僕ですが、リアル麻雀での経験を活かしどれくらい天鳳でやっていけるのか。

それを僕自身が体験し、今後ブログにアップしていきたいと考えています。

 

しかしこの記事を読んでくれてる方は、僕がどの程度麻雀を打てるのか疑問に思うかもしれません。

麻雀プロだからって麻雀が上手いとは限りませんし、麻雀の実力を知らない人の戦術などを見ても釈然としないと思います。

 

そこで今回は鳳凰卓を目指すプロローグとして、僕自身の過去の出勤時の成績を載せようと思います。

スポンサードリンク

2012年6月〜2016年6月総合成績

総打数 6737回

トップ率 28.29% 1906回

2着率 24.03% 1619回

3着率 22.55% 1519回

ラス率 25.13% 1693回

連対率 52.32%

平均順位 2.45

1ゲーム収支 −272G

 

大学に入学し雀荘でアルバイトをきっかけに本格的に麻雀を始め、今日までの4年間の成績がこんな感じです。

レートは⓪.⑤-⑤-①⓪/場代350G

鳴き祝儀100G-赤各1枚

今流行りのレートで、ルールもオーソドックスなものになっています。

店内の雰囲気も明るく、アットホームなお店です。

 

アルバイトを始めた当初はフリー麻雀のルールの把握・点数計算・立ち番業務など基本的な事から覚えました。

他にアルバイトの経験がなかったので、最初の頃はホントに使えない人材だったと思います。

麻雀を覚えたてでしたが、とりあえず本荘に入らなくてはいけない場面があり、その度に負けていました。

負ける度に悔しい思いをしましたが、負けても負けても麻雀を嫌いになる事はありませんでした。

麻雀をやめたくなっても寝るとすぐそんな事も忘れちゃいましたね。

辞めたいって気持ちよりも負けたくないって気持ちが強かったので、4年もバイトが続いたのかなと思います。

 

今回は4年間の総合成績を載せましたが、次回はプロローグ後編と題して、1年毎の成績を載せて、その時に何を意識して麻雀をやっていたか、どうやって上達できたのか、その時の思い出、そんな事を書いていこうと思います。