こんにちは

げんです

 

みなさんは桜井章一氏(以下敬称略)をご存じだろうか?

麻雀をしている人ならその名を1度は聞いた事があるはずです。

20年間無敗という伝説を残して、

今では雀鬼会という団体を設立し、麻雀を通し雀鬼流という独自の人生哲学を伝え自己啓発的指導を行っている。

本記事ではそんな桜井章一と雀鬼会について書いていこうと思います。

スポンサードリンク

桜井章一とは

1943年8月4日に東京都下北沢で生まれました。東京生まれ東京育ちです。

幼い頃から勝負事は強く、ベーゴマやメンコで近所のガキ大将から巻き上げていたそうです。

親父がギャンブル好きで、

麻雀や花札をやっていたことに影響を受け麻雀を覚えました。

しかし桜井章一は、

母親を苦しめていたギャンブル、特に麻雀を憎んでいたそうです。

本格的に麻雀にのめり込んだのは大学時代、

歌舞伎町の雀荘に大学の仲間と行ったのがきっかけと言われています。

その当時、まだ麻雀ブームに火がつく少し前の時代で、

麻雀放浪記や小島武夫がテレビでイカサマを披露するのも少し前の時代です。

新宿の雀荘でイカサマ技術を学び、麻雀の実力を上げお小遣い稼ぎをしていたそうです。

次第に雀荘に出入りしている顔見知りから、大金を賭けた裏レート麻雀の代打ちを依頼されるようになり、

裏麻雀の世界に飛び込んだのです。

そうして裏麻雀で無敵の強さを誇り、雀鬼という名を全国に轟かせ伝説の雀士になったのです。

20年間無敗のまま裏麻雀から足を洗い、

その後、テレビ出演でイカサマを披露したり、同時期に桜井章一をモデルにした小説や漫画が制作され、

20年間無敗の男として麻雀会のスターになります。

1988年、下北沢と町田に雀荘「牌の音」をオープンします。

そして雀鬼会も同時に結成し、ここで雀鬼流が誕生します。

 

雀鬼流の主なルールとその考え方を紹介していくと同時に僕の意見を述べていきます。

 

・第一打の字牌切り禁止

雀鬼流では字牌を重要視しており、字牌そのものを軽んじることを、タブーとしている。

僕もこの意見には同意であるが、

第一打というのはやり過ぎな気もする。

字牌を重要視し軽い和了りをさせないというのは大事だと思う。

しかし雀鬼会の中での話であり、

フリー麻雀でやるとなると出足が遅れる可能性もあるので、

雀鬼流が好きな方はその意識だけ持ち、

字牌から切るべき手牌は字牌から切るべきであると思う。

 

・テンパイまでドラ切りは禁止

「ドラは恋人、大切な人と思いなさい」

というくらいドラを大切にしている。

テンパイしたからといって切ってはいけない状況もある。

役が無く待ちも悪い状態ならテンパイを崩すべきだとされている。

先ほど同様、制約的要素が強いので世間一般では批判されることが多いルールである。

しかし雀鬼会では、

会長に言われたから守るのではなく、

自分で決めたから守る。

というのが主な理由となっています。

この制約も先ほどと同意見です。

ドラを大事にしてドラを使い切る、

もしくは残しておくことも大切だか、

手牌を手広く受けたい状況下では早めに切り和了りに最速で向かいたい。

というのが僕の意見です。

しかしメンバー業をしていて思うことは、

若い年齢層ほどドラを早く手放す傾向にあると思います。

ここで言うドラを早く手放すというのは、

自分の手牌に見合っていないのにドラを切っているということを指しています。

 

ドラを恋人と思わないまでも、

友達以上恋人未満くらいで考えればとおもいます。

 

・打牌速度

雀鬼会では打牌をできるだけ早く行う。

1秒〜3秒くらいで長考は厳禁である。

桜井章一の弁によると、

待ち合わせと同じで、待たせるのはよくないこと、と唱えています。

他にもリズムの面や感性で打つことを重要視しています。

打牌速度に関しては、

メンバー業をしている多くの人が重要視している部分と思いますが雀鬼流とは違う面だと思います。

メンバーは1本でも多く半荘を回す事を考えていたり、他のお客さんにリズムを合わせたり、長考して待たせないのが目的です。

そのため感性が云々というのはまるで考えていません。

 

・ツモアガリを目指す

桜井章一曰く、

出アガリはおまけ

と考えているそうです。

出アガリ自体は他力という考え方で、

ツモれる形にする努力をする事が大切と言っています。

ツモれる形=両面というわけではない

桜井章一が根源とされている縦場理論。

縦場なのに両面に受ける。

この場合、ツモれる形ではなく

待ちの多い形なのだ。

 

このように雀鬼流麻雀ではルールや制約が多く存在し、そのほとんどは世間一般が理解しがたいものとなっています。

 

雀鬼流麻雀の目指すものとは

桜井章一の弁によると、

雀鬼流で打たない者たちを相手に試合をする時に自分が有利になるための戦法なのではなく、

お互いに雀鬼流で打つことによって精神の歪みを是正し、人間本来の心を取り戻すという精神修養が主眼になっているようです。

またそうすることによって運気を呼び込み直感力を研ぎ澄まし、長いスパンで見た時に麻雀の力を身につけられるということのようだ。

 

僕自身、桜井章一を尊敬し雀鬼流麻雀も好んでいるのでYouTubeなどで見ることがあります。

雀鬼流麻雀が好きでマネしようとかは思いませんが、

桜井章一の麻雀に対する考え方や思考はマネしたいと考えています。

 

麻雀プロになり、

今後機会があったら桜井章一と対談してみたいものです。