こんばんは

げんです

 

みなさんは天鳳ってご存知でしょうか?

登録者数300万人以上

最大規模のネット麻雀

天鳳

この天鳳をやっている人を天鳳民と呼びます。

天鳳には段位があり

・一般卓

10〜2級

・上級卓

1級〜3段

・特上卓

4段以上かつR1800以上

・鳳凰卓(鳳凰民)

7段以上かつR2000以上

このような形に分かれています。

一般的に天鳳で勝つにはポイントを増やしていくことが条件ですが、

フリー雀荘ではお金を増やすことが第一条件になります。

天鳳民がフリー雀荘でゲーム代含め勝ちきることは鳳凰卓に行くよりも難しいと思います。

しかし今回は勝ち負けを別にし、

天鳳卓とフリー雀荘のレベルを比較していきたいと思います。

フリー雀荘でもレートによりレベルが異なるので、

レートごとに分けていきます。

尚、独断と偏見で比較していますので悪しからずご了承を

スポンサードリンク

レベルを比較

(+Sクラス)

天鳳民鳳凰卓

 

(Sクラス)

ピン東風(新宿、歌舞伎町)

 

(+Aクラス)

ピン東風(都市部)

 

(Aクラス)

天鳳民特上卓

 

(Bクラス)

点5東風

ピン東南(都市部〜チェーン店)

 

(Cクラス)

場末ピン東南

点5東南(都市部)

 

(Dクラス)

点5以下東南(チェーン店、場末)

 

(Eクラス)

天鳳民上級卓〜一般卓

 

このような感じになります。

あくまでも独断と偏見によるものです。

点5でもレベルが高いとこ、

ピン東南でもお客さんがあまいとこはあります。

全てをひっくるめ平均すると上のような図になると思われます。

 

それでは解説

やはり鳳凰卓はSクラス以上に値します。

鳳凰卓で平均順位2.4を割っている打ち手は長期的に見るといないのではないだろうか。

それだけ鳳凰卓はレベルの高い打ち手が揃っています。

鳳凰卓クラスの打ち手がピン東風にいるとなるとそのお店には行きたくないですね。

 

次にランクインしたのが、新宿ピン東風

新宿のピン東と言っても店舗により多少の高低差はあると思いますが、

一般的な雀荘よりは確実に強い打ち手は多いはずです。

フリー雀荘のレベルで見た時には、

間違いなく日本1だと思います。

新宿くらいになると間違いなく麻雀だけでしのいでる人はいるでしょう。

平均順位が2.4以下を叩け出せる自信のある人は新宿のピン東で食っていけるはずです。

 

次にくるのがピン東風(都市部)です。

特上卓の人は新宿行くよりも、都市部のピン東に行く方が確実に負けないはずです。

都市部とはおもに渋谷、池袋です。

若者が多い街なので自分に自信のある若い打ち手が多いはず。

そしてメンバーも自分の給料がかかっているので、弱いメンバーや負けてるメンバーはすぐにやめていきます。

必然的に強いメンバーが残るため、

メンバー2入りになった時には新宿ピン東よりも高い卓になるのは間違いない。

 

そして次にランクインしてるのが、

都市部ピン東南・点5東風

ピン東南ではマーチャオがいい例ですね。

安心、安全のチェーン店でメキメキと麻雀の力をつける人は多いはず。

点5東風は最近流行りだしたレートですね。

ここでは渋谷のクエスチョンがいい例です。

クエスチョンはそこそこお金も動くし、主な客層が若者です。

ピン東風の練習としてきてる人も多いのではないのでしょうか?

そのためレベルは割と高く、中級者以上の人が揃っているのではないのでしょうか。

 

ここから下のクラスは、

どんぐりの背比べと思っていいでしょう。

ただこれは平均的に見たときの話であって、場末の雀荘や地方の雀荘では、

個人的にめちゃくちゃレベルの高い打ち手もいるはずです。

しかし点5以下のチェーン店でいうとそれはほとんどありません。

例を挙げると

ZOOやウェルカムです。

ZOOやウェルカムでは主に学生で賑わっています。

麻雀歴は浅いでしょうし、麻雀中のテンションが高いためそこまで集中してやってないでしょう。

そしてメンバーも学生が多いため、強いメンバーもさほどいません。

点5チェーン店は学生や若い人、初心者のためにあると言っても過言ではないと思います。

 

このように独断と偏見でクラス分けしましたが、

どうでしたか?

参考になったでしょうか。

 

余談にはなりますが、

僕がバイトしているお店では、平均順位が2,40以下でゲーム代以内で遊ぶ事ができます。